XCOM : Enemy Within 感想・レビュー

XCOM Enemy Within

XCOM : Enemy Within

・ジャンル:ターン制ストラテジー
・プレイ環境:PC
・グラフィック:4K
・開発会社:Firaxis Games
・発売日:2012年10月12日(XCOM : Enemy Unknown)
・追加DLC:2013年11月15日(XCOM : Enemy Within)

 

 

難易度ノーマル、非アイアンマン(ミッションのリスタートあり)で1周クリア。
セーブデータのやり直し含めてクリアまで約45時間。

ターン制ストラテジーのジャンルは今回が初めてのプレイ。XCOM は結構有名な作品みたいだけど、XCOM2(2016年2月発売予定)のニュースを見るまでこのゲームを知りませんでした…。最初は、XCOM2 からやってみようかな程度に考えていたんですが、Steam の評価がかなり高かったことと、セールで安く購入できたので今回プレイすることに。結果的には大当たりの作品でした。

3年前に発売されたゲームですが、グラフィックは問題なし。キャラクターも変にリアルっぽくなく、ゲームをやっている感じがして個人的には好きなデザイン。操作も慣れればターン制のゲームなので急いで操作する必要もなく、結構気楽にプレイできました。3年前のゲームなので、グラフィック含めて楽しめるか心配だったんだけど、クリアするまで没頭してプレイするほどハマってしまいました。

XCOM Enemy Within 1

ゲームの内容は、エイリアンの侵略から地球を守るゲーム。いろいろとミッションが発生し、兵士を出撃させてエイリアンを倒していくのが主なプレイ。設定次第ではかなりの高難易度。どの難易度でも兵士が死んでしまうと、その兵士は生き返らないリアル設定。兵士を育成できるシステムがあるんですが、大切に育てた兵士でも1回死んでしまうとロストしてしまう。一度の戦闘で全滅してしまうと、いきなりゲームオーバーになる可能性あり。

そんな高難易度のゲームなんですが、今回はクリアが目的だったのと、XCOM 初心者だったこともあり、兵士が死ぬとそのミッションをリスタートしてやり直す、緩めの設定でプレイ。それでも何度もリスタートしないとクリアできないミッションもあり、かなりやりごたえがありました。クリアした時は達成感よりも、もう終わってしまうのかぁという残念な気持ちの方が強かったですね。

XCOM クリアで XCOM2 への準備は出来たので、あとは 2016年2月5日 の発売を待つのみ!

 

良| ★★★ > ★★☆ > ★☆☆ |悪    ⇐  ★の数(3段階評価)で評価。

 

★★★ 総合評価

★★★:おすすめソフト
★★☆:買って損はしないソフト
★☆☆:購入しないほうがいいソフト

 

★★★ グラフィック

★★★:きれい
★★☆:画質の荒が気になる
★☆☆:画質の悪さが気になり、プレイできない

 

★★★ 操作性

★★★:操作方法に慣れれば問題なし
★★☆:操作方法に違和感がある
★☆☆:操作方法になじめず、プレイに支障あり

 

★★★ ボリューム

★★★:プレイ時間 約30時間
★★☆:プレイ時間 約20時間
★☆☆:プレイ時間 約10時間

 

★★★ ストーリー

★★★:続きが気になって、中断できなくなる
★★☆:プレイしていておもしろい
★☆☆:支離滅裂で理解できない

 

★★☆ サウンド

★★★:サウンドトラックの購入を検討するレベル
★★☆:印象には残らないが、プレイに問題なし
★☆☆:サウンドの悪さが気になって、プレイできない